hanakaze - 花風
1/6サイズのドール(主にmomoko)のお着物を制作・販売(ウェブショップ、オークション)しています

■ プロフィール

はなぷー

Author:はなぷー
momoko(時々ブライス)のお着物を作ってます。

ウェブショップはこちら♪

*「momoko」および「桃」アイコンは、株式会社ペットワークスの商標です。

■ カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ 最新記事

■ カテゴリ

ショップ (66)
雑記 (96)
オークション (153)
未分類 (4)

■ Twitter

■ カウンター

■ 最新コメント

■ 月別アーカイブ

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチッとして頂けると喜びます♪
web拍手



【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
『NANA』が好き


今日の『HEY! HEY! HEY!』伊藤由奈ちゃんが出てました。
テレビ『Truth』(映画『NANA2』挿入歌)歌ってるの初めて見たかも。
ということで、今日は矢沢あい原作の少女漫画『NANA』のお話を。

読み始めたのは2004年の冬ぐらいだったかな? ←遅っ!
もともと漫画は大好物だし前から存在は知ってたんだけど
なぜだかあんまり読む気がしなくて、
映画化されるという話を聞き「そんなにおもしろいのー?」と思って
読んでみたらどっぷりハマってしまいました
何でそんなにはまったんだ?と聞かれると話の内容はもちろんなんだけど、
それぞれのキャラがちゃんと作りこまれてるところですね。
良い部分も悪い部分も、強い部分も弱い部分も全部描かれてるから
読んでてキツイところもあるけど、
その分登場人物たちを立体的に感じます。
そういうところがよく「『NANA』はリアルだ」って言われる所以じゃないかな。
設定は完全に夢物語だけど。

あとは矢沢さんの構成力がホントにスゴイって思います。
最初と最後の意味深なモノローグも読者を惹き付けるのが上手いなって思うけど、
各話の入り方、場面転換の仕方、コマ割りの仕方、絵の構図などなど、
矢沢さんの頭の中では映画やドラマみたいに動いてて
それを漫画になるように切り取って描いてるんじゃないかと思うほど動画的
ホントに上手いな~キレイだな~って思います。
浦沢直樹さんの漫画と通じるなーと思ってる部分です。
(ちなみに矢沢さんは浦沢直樹さんを神様と崇めてらっしゃいます。
 私も大好き! 尊敬します! 浦沢さんのことも書かなきゃ。)

正直なところ登場人物が増えすぎだなーって思うし
色んな角度から丁寧に描き過ぎてて展開が遅くてイライラする時もあるけど
飽きてはいないですね。
巷でよく言われてるように引き伸ばされてるとも思わない。
某少女漫画みたいに、ヒロインとヒーローがくっついて当て馬登場ですれ違って
仲直りしたかと思えばまた当て馬登場…みたいな繰り返しじゃないからね。
最近は少しずつ謎も解き明かされてきて
いよいよ佳境に入ってきたのかなー?って思うので、
何がどうなってナナがいなくなるのか、
そして未来でどういう結末を迎えるのか、すごく楽しみです。



ところで私は
タクミ大大大大大好きです

タクミファンでも8巻から好きになったって言う人が多いけど、
私は5巻で本格的に出てきた時からタクミが好きなんです
たぶん少数派なんだろうなぁ。
登場の仕方もヒーローちっくでカッコ良かったけど、
話し方とかも好きなタイプだなーって思ったんですよね。
女ったらしで色気のあるところもかなりツボ。
で、たいがいこーゆーチャラチャラした俺様タイプには影がある!
と思って読み進めていったらやっぱりその通りで、

あぁ、ホントはすごく孤独な人なんだ…

と思ったらもうハマってましたね。
6巻ぐらいで完全に。←早っ
奈々になって癒してあげたい!!とか思っちゃって。
なので奈々にはもっと自信持って、タクミを信じて、
暖かい明るい家庭を築いていって欲しいと思ってます。
皐ちゃんを見る限り大丈夫そうだけどね


タクミのバックボーンについては9巻に収録されてる番外編『NAOKI』でも
家庭環境が少し明らかになってますが、
3月15日に発売されるクッキーの姉妹誌クッキーフレッシュ
NANA番外編第3弾
として『TAKUMI』が掲載されます
しかも特大70ページ
今までの『NAOKI』『NOBU』は50ページだったのに20ページも多いよ~
すごーーーーーーい 嬉しい~~~~~
やっぱりタクミは重要な人物だからねー。
タクミがいなきゃトラネスは出来なかったし、
レンが引き抜かれる事もなかっただろうし、ナナが上京する事もなかった。
ってことはナナと奈々が偶然出会う事もなく、
『NANA』っていう物語そのものが始まらなかったわけです。
そう考えるとタクミってかなりのキーパーソンでしょー?
嫌いな人多いけど。
矢沢さんもクッキーの柱で「タクミを嫌いな人も読んでね」って言ってたし、
『NANA』が好きな人は絶対読んだ方が良いと思いますよン
(注:集英社の回し者ではありません)
スポンサーサイト


ポチッとして頂けると喜びます♪
web拍手













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR

■ RSSリンクの表示

■ 検索フォーム

■ RECOMMEND




copyright 2005-2007 momokoのお着物(振袖、小紋、浴衣etc..). : hanakaze - 花風  all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。